借入

MENU

お金を借りる

急な出費など緊急でお金が必要な時は、お金を借入(借りる)するようにしています。

お金がない

 

もちろん借りないに越したことはありませんが、どうしてもって時は借り入れするのも一つの方法です。

 

『お金を借りる』って言葉を聞くと、イメージ的にはあまり良くないかもしれないですが、しっかり計画性をもって借りるのであれば全く問題ないと思います。

 

ただ、借り入れするにしても、どこで借りてもいい訳ではありません。やはりお金の事なので、安全で安心して借りれるところから借りるべきです。

 

そこで、安心して借入できる金融機関はどこなのか調べてみました。また、借入する場合の注意点などについても紹介しておくので、お金を借りる前にチェックしてみて下さい('ω')ノ

 

借入とは?

「借入」とはどういうものかというと、一言で言ってしまえば「お金を借りること」です。「借入」を「しゃくにゅう」と読む人もいますが、「かりいれ」と読むのが一般的です。

 

借入はお金を借りることと言いましたが、お金を借りる先はいろいろあると思います。親であったり、友人、知人、銀行、消費者金融など。

 

これらの中でも銀行や消費者金融などの金融機関から借りることを借入と呼びます。ローンカードで個人がお金を借りることも借入の一つでお金を借りたいときにすぐに借りれる利便性から多くの人が利用しています。

 

ただ、金融機関もタダでお金を貸すわけではなく、指定の利息を支払わなければならないという事は注意しなければいけません。

 

あと、「借入金」という言葉もありますが、これはどういうものかというと、簿記などで使われる会計用語になります。こちらも「しゃくにゅうきん」と呼ばれることもありますが、「かりいれきん」と読むのが一般的です。

 

文字通り、借りたお金のことで、企業が設備投資などの何らかの理由で銀行やノンバンクといった金融機関から借りたお金のことを言います。

 

安心の借り入れ先

 
プロミス
30日間無利息

プロミスは初めて利用する方は、30日間無利息で借入することが可能となっています。(※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)
30日間は利息が0円となるので、とてもお得ですよね。
申込から審査までの時間も早く、最短だと即日中の借入も可能となっていますよ。
女性専用のレディースキャッシングがあるので、女性の方でも安心して利用することが可能となっています。
≫女性の方の申込はこちらから

 
 
アコム
アコム
スピーディーな借入

アコムも初めて利用する方は30日間無利息で借入することが可能となっています。
審査時間は最短30分とスピーディーな対応となっており、早ければ申込から1時間ほどで借入することも可能となっています。
土・日・祝日でも契約することが出来るので、いざというときでも安心ですね。
また、クレジットカード機能が付いたアコムマスターカードを発行することも可能となっています。

 
 
SMBCモビット
10秒で簡易審査結果表示

三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っている方にお勧めです。
いずれかの口座をお持ちの方は、最短即日融資のWEB完結申込の利用が可能となっています。(※全国健康保険協会発行の保険証もしくは組合健康保険証を持っている方)
WEB完結申込は、「電話連絡なし」「郵送物なし」で契約することが出来ますよ。
※審査の際に確認が必要な場合は電話することあり。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 
 
ビジネクスト
ビジネクスト
事業資金を借りるなら

ビジネクストは、自営業者や個人事業主向けの事業者専用ビジネスローンとなっています。
通常のカードローンでは借りることの出来ない事業資金でも、ビジネクストなら借りることが出来ますよ。
最大1,000万円もの資金を無担保・無保証で借入することが可能なっています。
ビジネスローン利用希望の方はこちらに申し込みしてみるといいでしょう。

 

 

要注意!

「審査がゆるい」「ブラックでもOK」「誰でもすぐに借りれる」などと言った借入業者を目にしますが、絶対にこのような金融機関からは借り入れしないようにしましょう。

 

お金に困っている時に、「審査がゆるい・誰でもすぐ」などといった言葉を聞くと、つい揺らいでしまうかもしれないですが、甘い言葉には絶対に裏があります。

 

高金利や取り立てが厳しいなど、違法な金融機関も多くあるので、後々困る事になります。なので、このような甘い言葉に騙されないようにしましょう。

 

大手のちゃんとした金融機関は、「審査がゆるい」「ブラックでもOK」「誰でもすぐに借りれる」といった事は絶対に言いません。審査もしっかりありますし、絶対に借りれるといった訳ではないです。

 

ただ、違法金利など請求される事は絶対にないので安心して借り入れする事が可能です。

 

お金の問題でトラブルになると、取り返しのつかない事になる場合もあるので、お金を借りる場合は大手の金融機関から借りるようにしましょう。

 

下記に該当する場合は…
専業主婦の方

専業主婦の方でも借り入れを利用したいという人は多くいます。主婦の方が家計を預かっているという方も多いでしょうから、その中からやりくりするのってかなり大変ですからね。

 

今は景気が良くなりつつあるとかって言われていますが、言っているだけで給料もほとんど上がっていないという家庭のほうが多いですから。しかも消費税まで上がってしまいましたもんね。

 

そんな専業主婦の方がお金を借りる場合は、銀行が発売しているカードローンを利用するといいです。消費者金融では専業主婦の方の場合借り入れできません・・・。

 

総量規制というのが導入されたことにより専業主婦の方が消費者金融からお金は借りれなくなったんですよね。でも、総量規制は銀行には適用されないから銀行カードローンなら専業主婦の方でも借りれるというわけです。

 

上記で紹介しているカードローンですと、みずほ銀行三菱東京UFJ銀行が専業主婦の方でも借り入れできるようになっていますよ。※三菱東京UFJ銀行の主婦は利用限度額30万円以内

 

学生の方

学生の方でもカードローンでお金を借入する事は可能となっています。ただし、20歳以上でアルバイトなどで収入がある事が条件となっています。

 

収入は○○円以上ないとダメ、といった決まりはなく、少なくてもいいので収入がある事が大事となっています。居酒屋やコンビニのアルバイトなど、毎月収入があればOKです。

 

上記で紹介しているカードローンだと、「20歳以上で収入がある」といった条件を満たしていれば、すべてのカードローンに申込みする事が可能となっていますよ。

 

中でも学生に人気なのはプロミスみずほ銀行のカードローンがお勧めとなっていますよ。

 

月々の返済額をなるべく少なくしたい方

お金を借りる以上毎月返済していかなければいけませんので、月々の返済額というのも気になるかと思います。多いよりかはなるべく少ないほうが無理なく返済していくことができますからね。

 

この月々の返済額をなるべく少なくしたい場合にどこを利用すればいいのかについて、別ページで解説させてもらいますね。最短だと月々1,000円という返済額のローン会社もありますよ。
⇒月々の返済額をなるべく少なくする方法

 

売掛金のある事業者の方

事業者の方で売掛金が100万円以上あるという方は、ファクタリングという資金調達の方法もあります。ファクタリングについては別ページで詳しく解説させてもらいますね。
⇒ファクタリングでの資金調達について

 

過払い請求後・債務整理後の方

過払い請求や債務整理をしたという人も中に入るかと思います。こういう人はそもそも借り入れすることができるのでしょうか?詳しくは別ページで解説させてもらいます。
⇒過払い請求後・債務整理後の借り入れについて

 

 

Q&A
他社ですでに借り入れしている場合でも審査に通るのか?

他社ですでに借り入れしているからと言って審査に落ちるというわけではありません。ただ、あまり借り過ぎていると審査に落ちる可能性は高くなるでしょうね。

 

目安として総量規制で消費者金融からは年収額の3分の1までしか借り入れできないとなっていますので、その金額を目安とするといいでしょう。年収300万円なら100万円、年収600万円なら200万円という感じですね。

 

年収600万円の正社員の方が他社で150万円を借りている場合、今回申し込みするローン会社では審査にもよりますが50万円までなら借りられる可能性があるというわけです。

 

銀行カードローンは総量規制の対象外と放っていますが、あくまで借り入れできる金額としてはこれくらいを見ておくといいでしょう。

 

審査基準は各ローン会社によって異なってきますので、年収の3分の1までの金額ならば他社で借り入れしていてもかならず大丈夫というわけではなく、あくまで目安ということになります。

 

カードローンの借り入れは住宅ローンの審査に影響するのか?

住宅購入資金が必要で住宅ローンを組む場合にカードローンの借り入れが審査に影響するのかということですが、基本的に月々遅延せずに返済していれば問題ありませ。

 

しかし、融資枠が大きいと影響する可能性もあります。

 

どういうことかというと、例えば昔にカードローンを利用していたことがあって、何枚か銀行や消費者金融のカードローン、クレジットカードのキャッシング枠があったとします。

 

そのカードローンは以前利用していただけですべて完済して、今は使ってなかったとしても、総合的な融資枠がどれくらいあるか?というのを住宅ローンの審査の際に見られます。

 

融資枠が総合で500万円だったとすると、ある意味500万円借金しているとして住宅ローンの審査をされてしまいます。

 

ですので、使っていないような余計なカードローンは解約しておくというのが大切です。クレジットカードもショッピングしか利用していないのならば、キャッシング枠はつけなくてもいいかとは思います。

 

自分がいくつローンカードの融資枠やクレジットカードのキャッシング枠があるのかというのを把握しておき、余計なものは解約しておくと心配ないかと思いますよ。

 

 

まとめ

借入について

「借入」とは一言で言ったら「お金を借りること」です。

 

お金を借りたい時、どこからお金を借りますか?

 

親から・・・銀行から・・・消費者金融から・・・友人から・・・、選択肢は色々ありますよね。

 

その中でも、銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りる、つまり、融資を受ける事を「借入」と呼びます。

 

お金を借りる先の選択肢は色々とあると思いますが、親や友人からだと格好悪いというか、なんだかみっともない気がして借りにくいですよね。

 

もし、お金を返すことが出来なかったら今後の関わり方も以前と同じようにはいかないかもしれませんし、なるべく心配も迷惑もかけたくないですもんね。

借入する男性

 

そう考えると、銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りる方がある意味気が楽かもしれませんね。

 

以前は「借金」などと呼ばれていて世間からブラックなイメージが強かった借入ですが、最近では消費者金融のイメージもグッと良くなりましたよね。

 

昔のイメージだと「消費者金融=取り立てがスゴイ」なんてイメージもあったのでは・・・?今ではそんなことありません!

 

誰でも気軽に借りやすくなっているので、金融機関から融資を受ける事に対して抵抗を持つ人もそれほど多くはなくなってきたようですね。

 

借入にもいろいろな種類がありますが、個人が金融機関から融資を受ける場合には、大半が「小口融資」という少額の借入に分類されるものが多いようです。

 

例えば、クレジットカードやキャッシュカードのようなカードを使って必要な時にいつでも融資を受ける事が出来ます。

 

銀行のATM以外でも全国のコンビニATMでも借入も返済もできることが多いので、とても身近でお手軽で若者にも人気がありますよ。

 

借入する姿ってあまり人に見られたくないですよね。

 

もし、コンビニATMで借入している姿を見られても「ただお金を引き出しているだけなのかな〜」と思われるくらい、自然にお金を借入することができます。

 

借入にはいろいろな借り方があります。以前は窓口に足を運んで借りるという方法が一般的でしたが、最近ではネットで簡単に借りる事ができたりして、他人に知られたくない場合にも気軽に利用できるようになっているようです。

 

もちろん窓口でも借りる事は出来ますが、消費者金融の中には店舗のスタッフやコールセンターのオペレーターも女性オンリーということもよくあって、「借入」に抵抗なく利用しやすい環境を作る工夫もしているようですよ。

 

借入金とは

「借入金」とは、簿記などで使われる会計用語です。意味は簡単に言えば「借りたお金」のことです。

 

会社や企業が、設備や福祉を充実させる目的で投資をするために銀行や信用金庫、ノンバンクのような金融機関から借りたお金のことを指します。取引先や役員、関係会社から借入することもあります。

 

長期借入金と短期借入金があります。簡単に言うと、短期借入金とは返済期間が1年以内のもの、長期借入金とは返済期間が1年を超えるもののことです。

 

このような専門的な意味での「借入金」を使うのは、会社の経理部や会計係、税理士や会計士の人ですね。

 
【借り入れに関するニュース】

 

住信SBIネット銀行のカードローン取り扱い残高が1,000億円突破

住信SBIネット銀行のカードローンであるミスターカードローンの取り扱い残高が1,000億円を突破したようです。
>続きはこちら

 

西日本シティ銀行が最短30分で融資を受けられる新カードローン

西日本シティ銀行は申し込みしてから最短30分で融資を受けることができる新しいカードローンの取り扱いを10月21日から開始しました。
>続きはこちら

 

まちゃまちゃが過去の借金地獄を告白・過払い金請求

女性のお笑いタレントである「まちゃまちゃ」が10月26日放送のテレビ番組で、過去に総額325万円の借金地獄に陥っていたことを告白しました。
>続きはこちら