借入

MENU

頻繁に借入を利用するデメリット

最近では銀行も消費者金融も、かなり敷居が低くなったので誰でも気軽に借入を受ける事ができるようになりました。

 

そのため、無計画に借りすぎてしまって返済能力を超えてしまったり、あちこちから闇雲に借りすぎて多重債務者になってしまう人も急増しているようです。

 

社会的問題にもなってしまった「借りすぎ」をけん制すると同時に予防するために法改正なども行なわれているようですが、法律によって管理してもらうのではなく、自分がどこからいくら借りているのかを自分自身できちんと管理する事も大切です。

 

あまりにも気軽に借りる事が出来るために、ついつい現金が必要になった時に目の前にあった消費者金融の窓口で気軽にキャッシングなどを借入れてしまう人は、特に注意しなければいけません。

 

一回あたりの借入金額が少額でも、複数の金融機関から借りていると、どこからいくら借りているのか管理できなくなってしまう事もありますし、その返済状況もきちんと管理するのが難しくなってしまいます。

 

ウッカリ忘れていると、しばらくして驚くほど上がった高金利で貸された利息とともに請求書が送られて来る事になってしまいます。そうならないように、普段から、借入をする金融機関はできるだけ管理しやすいように少なく抑えるようにしましょう。

 

既に金融機関から借入をしているものを「既往借入」と呼びます。

 

個人でも企業でも既往借入を管理する事は必要不可欠な作業。借入先が増えれば増えるほど、その返済状況までを把握しておく事は難しくなりますが、返済を行なって利息分だけでも支払いが増えたりすれば、それだけでやりくりが大変になってしまいます。