借入

MENU

業者によって違う借入金利

金融機関の多くが、いろいろな借入商品をラインナップしていますが、それぞれの商品ごとに借入金利も異なります。借入を検討している場合には、必ず最初に、いろいろな金融機関の商品を比較検討しながら、少し手も金利が低い業者を選ぶようにしたいものです。

 

借入金利は低いほうがお得。元本にかかる利息は、全て金利によって計算されているので、金利が低いほど利息も安くてすむという事になります。

 

借り入れから完済まで金利0%で貸してくれるなんて金融機関はありませんが、借入商品の中には、借り入れてから1週間や10日間は金利0%期間というのを設けている業者もあります。短期間で返済できる予定がある場合には、とてもお得ですよね。

 

借入金利の上限は、以前は法律で規制されていなかったため、金利50%など信じられないような高金利の悪徳業者も中にはあったりしました。

 

しかし、現在では銀行や消費者金融などの金融業者が化する事が出来る金利の上限が法によって規制されているため、それを超えた金利で利息を計算する事は違法となります。

 

借入をする前には、かならず契約書に明記されている金利情報も熟読し、細かい部分にまで目を通すようにしてくださいね。目を通さなければ行けないのは、一般的な金利だけではなく、万が一返済を遅延した場合に適用される金利などもチェックするようにしましょう。

 

貸出金利の上限ギリギリで融資をしてくる金融機関が必ず悪徳業者に近いというわけではありません。しかし、クリーンな金融機関の多くは、利用者にリピーターになってもらうべく、できるだけ低金利で貸している事も多いようです。