借入

MENU

キャッシング利用は住宅ローンの審査に影響するのか?

家の購入を考える際、多くの人が住宅ローンによる支払いを検討するのではないでしょうか。家は、数ある購入商品でもトップクラスの高額を誇ります。

 

数千万、億以上ともなれば、一括支払いできる人は限られてきます。それだけに、住宅ローン審査が通らないといった状況は、何としてでも避けたいところです。

 

配偶者が申し込んでも不可、さらに家族に頼っても不可といわれようものなら、仮に十分な収入があったとしても住宅購入を諦めなくてはならなくなるかもしれません。

 

住宅ローン審査に影響する意外なものとして、他社キャッシングなどでの借り入れが挙げられます。現在返済中である、さらにすでに完済している状況であったとしても、場合によっては落とされる可能性があります。

 

特徴をしっかり把握して、住宅ローンが利用不可な状況にならないよう、備えておきましょう。

 

キャッシングが住宅ローンに影響する理由

キャッシングと住宅ローンは、どちらもお金に余裕がないとき助かる、ありがたいシステムです。

 

キャッシングなら、まとまったお金を借りられますし、住宅ローンは住宅という高額な商品を、分割払いにて購入することが可能です。

 

ですが、大きな違いとして関連する金額が挙げられます。住宅ローンはそれこそ億単位で利用する場合もありますが、キャッシングなら1〜10万円からでも活用できます。

 

こうした理由から、住宅ローンを利用する前に軽い気持ちで少額を借り入れたことがあるといったケースも、少なくないことでしょう。

 

若いうちなら、のちの住宅購入のことまで考えて生活している人は少ないでしょうから、それこそその日の飲み代や買い物のためといった、急場しのぎ的に活用することも多いはずです。

 

奇しくも、近年のキャッシングは借り入れできる基準も下がってきており、年収の低いフリーターなどでも少額なら借りられるようになってきています。

 

ですが、いざ住宅ローンを利用しようとしたとき、その安易な考えは審査に大きく影響してしまうかもしれません。

 

住宅ローンは、ローン借り入れできる金額が大きい分、やはり審査も厳しいです。

 

キャッシング会社もそうですが、金融会社は返済がなければ貸し付ける意味がありません。

 

その際に発生する金利を儲けとする業態ですし、また返済がなければただお金をあげているだけといったニュアンスにすらなってしまいます。

 

そのため、貸した高額がちゃんと戻ってくるかどうか、住宅ローン会社では厳しく返済能力を確かめるのです。主には、年収や職業、勤務歴、そして借り入れ状況などがポイントとなります。

 

キャッシングをしているのであれば、もちろん定期的にその返済をしていかなければなりません。まとまった額を借りていたのであれば、返済額も結構なものであることが考えられます。

 

そこへきて、さらに住宅ローンの支払いまでもが重なれば、負担はより大きくなります。それこそ、いずれかの支払いが不可となってしまうかもしれません。

 

そういった理由から、キャッシング返済中の人は、住宅ローン審査がかなり通りにくいです。キャッシング返済すら分割返済しなければならないような人が、さらに住宅ローンをしっかり支払い続けられるとは思い難いためです。

 

キャッシング返済中の人は、まず返しきってから申し込む形が望ましいでしょう。とはいえ、返済完了した人がかならずしも審査通過できるとも限りません。

 

むしろ、不可となる場合の方が多いでしょう。

 

キャッシングの借り入れ歴は、信用機関に完済してからも5年にわたり残り続けるといわれています。

 

過去に借り入れをおこなっていたという事実があると、現在借金が存在しないとしても、担当者の心象を悪くしてしまいます。さらに、延滞歴があるともなれば、より通りにくくなることでしょう。

 

住宅ローンが利用できる可能性を高めるなら、完済してから5年経ったタイミングで申し込む形が理想的といえます。

 

他社借入があっても通るケース通らないケース

さて、上記で他社借り入れがあるとかなり住宅ローンは通りにくいとご紹介しましたが、絶対というわけでもありません。

 

住宅ローンの種類や利用額、またキャッシング側の借入額などによっては、通ることもあります。ですがこれに関しても、通りやすい場合と通りにくい場合があるので気をつけてください。

 

通る可能性に比較的期待できるのは、一社のみで借り入れしているケースです。全国に消費者金融はさまざまに存在します。

 

中には借り入れ上限の関係から、複数者から同時に借り入れているという人もいることでしょう。ですが住宅ローン審査においては、一社のみからであることが望ましいです。

 

例えば、50万円をまとめて借りているか、それともある業者から20万円、残りを3社それぞれから10万ずつといった具合です。

 

同じ50万円の借り入れでも、前者の方が住宅ローン審査通過はしやすいです。

 

理由は、それぞれで利息が発生しており、より厳しい返済に追われているということが予想できるためです。

 

キャッシングにおける少額融資の場合、金利は16〜18%と高めになるのが一般的です。それだけの金利を払いながらさらに住宅ローンで高額を借りるともなれば、返済はかなり難しいのではと判断されます。

 

またそもそも、複数借り入れしている時点でも生活の余裕がないことは窺えます。そうした理由で審査通過が難しくなるので、キャッシング利用するとしても、一社のみでおこなうよう気をつけるべきです。

 

借り入れを一切していないのに影響するケース

信用機関に情報が残るのは、何も実際借り入れたときだけでもありません。もう一点、申し込みをしたかどうかという情報も、残されてしまいます。

 

申し込みをしたものの、審査で落とされてしまったケースです。この場合、借り入れはしていないながらも申し込みのみおこなったという状況になります。

 

そうした申し込み歴は、多ければ多いほどお金に余裕がない生活を送っているという印象へ繋がってしまいます。
まったく借りられないケースのほか、利率を高めに設定される、ローン借り入れ可能額が低く設定されるといった場合もあります。

 

いずれにせよ、理想的な住宅ローン実現からは遠ざかってしまうことになってしまうので、安易なキャッシングへの申し込み乱発というのも注意しておくべきです。

 

ただこちらに関しては、申し込み落ちがあってから信用機関に情報を残されるのは6ヶ月間と、借り入れ歴の5年と比べれば短いです。

 

直近で申し込みしていたとしても、タイミングを遅らせることで実現に期待できるかもしれません。

 

嘘をつかず、正直な申し込みを

上記までのように、過去の借り入れが影響すると分かっているのなら、できるだけ心象を悪くしないよう、申し込み内容に尾ひれをつけたいとも考えるかもしれません。

 

借入先の消費者金融数を減らしたり、年収を高めに記入したり、またそもそも、過去の借り入れ歴はないといった具合です。

 

ですがこうした嘘の申告は、より一層住宅ローンの実現を阻む原因にすらなりかねません。金融サービスの提供は、信用あってこそです。

 

そのため、嘘の申告内容がバレてしまえば、それこそ心証は非常に悪くなり、利用不可とされやすくなってしまいます。

 

そもそも嘘をついたところで、金融業者間のネットワークによりほとんどの場合バレてしまいます。いずれの場合においても、まずは正直な申し込みをするよう心がけてください。

 

過去のキャッシングにおける借り入れ歴は、住宅ローン利用へ大きく影響します。返済能力が低いと判断されるほか、今現在すでに返済に追われておりそれどころでないなどとも感じられてしまうからです。

 

理想としては、借り入れ歴はないに越したことがありません。一社のみからの借り入れなど、一部例外もありますが、やはりまったく借りていない人と比べれば、審査に通りにくくなります。

 

住宅ローン利用を予定しているのなら、安易なキャッシング利用は避けるべきでしょう。