借入

MENU

借り入れ可能額は?

借入と言い換えれば、多少抵抗感は抑えられるかもしれません。ですがこれは、借金とも同じ意味合いです。安易に利用するのは、非常に危険といえるでしょう。

 

借りすぎてしまえば、のちのち返済地獄に陥ってしまうかもしれません。また借り入れるサービスを見誤れば、ヤミ金の被害に遭ってしまうかもしれません。

お金

 

とはいえ、急な入用の際、まとまった額をスピーディーに得られるという仕組みは、万が一の状況で大きく役立つのもまた事実です。ポイントを押さえて、安全かつ有効に利用してみても良いでしょう。

 

今回、ここでは借り入れ可能額について特集しています。同じ消費者金融や銀行であっても、サービスそれぞれで異なってきます。

 

特徴や傾向について、大まかに把握していきましょう。

 

借り入れ可能額は限度額内で決められる

お金を貸してくれる金融業者では、それぞれで限度額というものが決められています。

 

下限は1万円、上限は500万円〜1,000万円と、かなり幅広いです。そして限度額という名前通り、各社で借り入れできる額はこの範囲内に限られます。

 

そのため借入を考える際、まずはこの範囲表示をチェックして、自分が必要としている金額を用意できる会社かどうかを判断すると良いでしょう。

 

限度額については、各社を比較するための大きな指標となるため、ホームページやパンフレットの目立つところに表示されているのが一般的です。

 

傾向としては、消費者金融は、下限が1万円からなど低めに設定されているものの、上限もそこまで高くないことが多いです。

 

ですが銀行系についてはその逆で、下限が10万円ほどからと比較的高めであると同時に、上限も800〜1,000万円と高く設定されている様子がうかがえます。

 

飲み会やパーティーの会費、冠婚葬祭に包むお金、デート費用など、小額をコンパクトに用意したいという場合なら、前者の消費者金融が便利でしょう。

 

逆に、車や家の購入資金、高価なブランド物や宝石を手に入れる場合など、数百万円以上の単位で借りるなどであれば、後者の銀行系が向いているといえるかもしれません。

 

この項目では、各社で借りることが可能な限度額についてご紹介しました。ですがこの範囲は、あくまで限度に過ぎません。

 

誰もがこの限度いっぱいの額を借りられるのではなく、審査結果に応じてその額はまたさらに変動します。下限に関してはどのような場合でも基本固定ですが、上限はそうもいきません。

 

そんな、個人それぞれにおける借入可能額について、事項よりご紹介していきたいと思います。

 

個人で異なる借り入れ可能額

借入を申し込む際、かならず実施されるのが審査です。これは、その人物に返済能力があるかどうかを確かめる意味合いで、あらゆる面を確認します。

 

主には、年収や現在の借り入れ状況、職業や、実際に申告した職場で働いているかどうかなどです。

 

まとまったお金をすぐにでも欲しいといった人は世の中多数存在するため、中には印象よく見せるため、少し見栄よく申告する人もいるでしょう。

 

ですが、収入証明の提出を求められるか、職場へ在籍確認の電話などによって厳密に調査されるため、そうそううまくはいきません。

 

とはいえ、金融業者や銀行も、実際借り入れてもらうことで利益が発生するわけですから、初回に関しては比較的通りやすいです。

 

また会社によっては、小額借り入れのみ収入証明不要としているところもあるようです。

 

借入可能額を高く設定してもらうには、収入の多さがポイントとなります。毎月どれくらい稼いでいるか、また借り入れ以降も継続してその収入を得続けられるかといった面で、判断されます。

 

ですが、高収入を安定的に得ていればかならず高額借り入れに繋げられるわけでもありません。むしろ、1銭も借り入れられないケースすらあるほどです。

 

貸付業者それぞれでは、収入面以外に、クレジットスコアと呼ばれる指標をもちいて借り入れ可能な人物かどうかを確かめているといわれています。

 

このクレジットスコアは、主に5要素で構成されています。

契約口座の種類

まず一つに、契約口座の種類です。
キャッシングやローンの他、ショッピングにおける分割払いやクレジットカード使用状況などを確認します。この要素は、全体の10%を占めるといわれています。

 

新規契約口座数

次に、新規契約口座数です。
前述の口座それぞれが、新規にどれだけ契約されているかを見られます。こちらの重要度も、全体の10%ほどです。

 

口座の保有期間

口座の保有期間についても、重要になってきます。
こちらは口座保有数と呼ばれており、15%を占めます。

 

契約口座残高

次にその倍に及ぶ30%の重要度といわれているのが、契約口座残高です。
各口座における借り入れ金額合計、いわゆる借り入れ状況を確認されます。返済能力を判断する上で大きなポイントとなるため、やはり大きな割合を占めます。

 

返済履歴

そして最後が、さらなる重要度35%をも誇るといわれる、返済履歴です。
返済金額を滞りなくスムーズに支払えているかどうか、滞納はしていないかなどを確かめます。

数値化してそれぞれの重要度割合を紹介しましたが、これらはあくまで基準です。金融機関や金融商品、各社基準によって微妙な違いも考えられるので、ひとまずおおまかな目安と考えてください。

 

借入がないにもかかわらずクレジットスコアがマイナス評価となるケース

より高額な借り入れ可能額を実現するには、収入状況とクレジットスコア、それぞれにおいて好印象を与える必要があります。

 

ただ注意点として、借入をそれまでに一度もおこなっていないにもかかわらず、クレジットスコアがマイナス評価されているケースも挙げられます。

 

基本的に、借り入れやローン利用などがあってこそ影響するスコアで、なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

 

その理由は、スマートフォンや携帯電話を、割賦購入しているケースも、分割支払いに該当してしまうためです。

 

近年の携帯電話機契約といえば、割賦支払いにより受け取り時支払いを抑える購入方法が代表的です。それだけに、分割払いという認識を持たず契約してしまうケースも少なくありません。

 

この割賦金は、月々の支払い時に合わせて返済する形となります。つまり、携帯代金の未納=借り入れ返済の滞納ととられてしまう恐れもあるということです。

 

滞納は、前述の通りクレジットスコアで35%もの重要度を誇る重大なポイントです。

 

金融業者からの借り入れ歴が一切ないにもかかわらず、借り入れ限度額が低くなる、もしくは借り入れ自体拒否されることにも繋がるため、気をつけておいてください。

 

金利にも目を向ける

借り入れ可能額の高さは、かならずしもイコール好条件であるとも言い切れません。借り入れには、かならず金利というものが伴うからです。

 

ただお金を貸してその分を返済してもらうだけでは、各社何の儲けにもなりません。手数料のような存在である金利を上乗せすることで、ビジネスとして成立させているのです。

 

傾向としては、消費者金融系はやや高い利率となっており、銀行系は比較的低いケースが目立ちます。

 

上限18%のとなっており、借り入れ額によっては、結構な金額ともなります。目先の借入額だけでなく、最終的に支払う金利の面も踏まえて慎重に利用するよう心がけてください。

 

金利を考えると、やはり限度額上限が高く、さらに利率も低い銀行系の方が魅力的に感じられることでしょう。ですが銀行系には、審査が厳しいという特徴も伴います。

 

ある程度収入は安定しており、クレジットスコアも良好であることが求められます。

 

そのため、審査に通りやすいものの、限度額が低く、さらに利率高めなのが消費者金融系、審査に通りにくいが、高額借り入れも期待でき、また実質年率が低めであるのが銀行系といったように考えておくと良いでしょう。

 

返済プランもしっかり計算した上で、自分に適したものを、有効かつ安全に活用されてみてください。