借入

MENU

借入の金利

銀行や消費者金融など、借入できる金融機関はたくさんあります。金融機関ごとにさまざまな借入商品を取扱っていますが、最初に気になるのはなんと言っても金利ではないでしょうか。

 

友人に1,000円や2,000円などを借りる場合には金利や利息を考える人はあまりいないと思いますが、銀行や消費者金融からある程度まとまった金額を借り入れる場合には、当然ですが、返済の時には利息が発生します。

 

当たり前のことですが、金利が低ければ低いほどかかる利息も安く抑える事が出来るので、融資を受けるときにも「おススメ」の金融商品という事になりますよね。

 

金融機関から借入をする時には、あらかじめ金利はいくらと契約書に明記されています。今すぐに現金が必要な時などには、いくら借りる事が出来るのかという部分に意識が集中して、肝心な金利は細部まで目を通さない人も少なくありませんよね。

 

しかし、借りる前に金利についてきちんと理解しておく事はとても大切ですし、万が一、返済が遅れてしまった場合に金利がどうなるのかも理解してから借りる事が大切です。

 

金利には下限はありませんが、法的に定められている上限はあります。

 

銀行や消費者金融などから借入をする場合にも、この「貸出金利」という法的な金利の上限を超えていないことを確認するようにしましょう

 

。上限ギリギリの金利で貸す金融機関もあれば、できるだけ良心的な低金利で貸してくれる金融機関もありますが、クリーンなビジネスをしている消費者金融では、利用者にリピーターになってもらうためにできるだけ低金利で貸し出している業者が多いようですね。