借入

MENU

金利がどれぐらいになるか?

借入をおこなう際、特に重要な部分として、金利が挙げられます。

計算

 

金利金融機関を通して、借入契約のもとお金を借りる場合に発生します。そのため、はじめての金融機関からお金を借りるともなると、少し難しく感じられるかもしれません。

 

なので、あらかじめ考え方や計算方法を把握して、いざ返済するときに後悔してしまわないよう、準備しておくべきです。金利について詳しくまとめたので、参考にしてみてください。

 

金利とはどういうもの?

金融業者はビジネスでお金を貸しています。そのため、お金を借りれば返済に加え、店の儲けとなる手数料も払わなければなりません。そしてこの手数料に当たる部分が、金利というわけです。

 

現在の法律では、上限が18%と定められているため、少額融資の場合に関してもこの利率を超えることはありません。もし超えるようであれば、それは違法なヤミ金業者です。

 

ヤミ金業者は、損得・便利さ以前に、絶対に利用しないよう気をつけましょう。スピーディーにまとまった額が借りられても、法外な請求に悩まされてしまうので、のちの後悔へと繋がってしまいます。

 

金融商品に限らなければ、中には1%台で貸してくれるところもあります。公的機関が貸し付ける、援助系の貸付などです。

 

もし起業や運転資金の借り入れを目的とした借金を考えているのであれば、そうした貸付の利用条件に該当するかどうか確かめてみるとよいでしょう。

 

年18%の金利は、結構な額です。例えば300万円借りるのであれば、単純計算で54万円もの金利を余分に払わなければならない形となってしまいます。少しでも余分な負担が和らげられるよう、工夫することが大切です。

 

金利はどのように計算すればいいの?

前述では、金利額を単純計算で計算しましたが、返済はかならず一括でなければならないというものでもありません。

 

むしろ、お金に困っている状況で利用するのが一般的であるため、ほとんどの人が分割を利用することでしょう。そうなってくると、300万円借りていたとしても、月々に支払う金利はもちろん54万円でなくなってきます。

 

月々の金利を計算する方法としては「利用残高×実質年率÷365×利用日数」という計算式が成り立ちます。

 

例えば、借入額が300万円で金利が前述同様に18%、そしてひと月30日と考えて計算するのであれば「300万×0.18÷365×30」で、約44,384円が毎月の金利となります。

 

とはいえ、300万円を借りて1年で返しきるというのは、お金に余裕のない状況でなかなか難しいと思います。これに加え、元金も定期的に返さなければなりません。

 

金融業者では、複数年を要した返済にももちろん対応してくれますので、それにより元金支払いを抑えることも可能です。ですが返済期間が延びれば伸びるほど、その分金利支払い回数も増えてしまいます。

 

そうした面も踏まえて、計算式を役立てつつ、しっかり返済プランを立ててみてください。

 

金利を抑えて借り入れするには

上記でも触れていますが、上限18%の金利ともなれば結構な負担です。元金の約5分の1にも及ぶ額を、余分に支払っていかなければならないためです。

 

そのため、借り入れ検討時にはできるだけ金利が低い金融業者を選ぶことが大切です。

 

まず、借り入れの代表的な手段として、銀行系か消費者金融系に分けられます。

 

より金利の低い借り入れを考えるのであれば、前者銀行系の方がおすすめです。消費者金融系では借り方によって上限18%に至る可能性も高いですが、銀行系なら上限15%前後としているところも少なくありません。

 

特にメガバンク、大手銀などといわれるような大型の銀行に関しては、良心的であることが多いです。

 

そうなってくると、どのような場合でも銀行系を選ばない手はないのでは?といった考えにたどり着くと思いますた、当然容易な利用はできません。

 

銀行系は、好条件における借り入れが期待できる半面、審査が厳しいことで知られています。

 

貸し付けをおこなう金融業者も、金利を伴う返済がなければ儲けを作り出せないわけですから、契約時には返済能力の有無を綿密に審査します。

 

そしてこの基準を比較的厳しく設定しているのが、銀行系なのです。審査では、主に職種や年収、借り入れ状況などを見られます。

 

長年勤め続けている会社に属し、安定した給料、年収を得ているのであれば、貸し付け以降も継続して収入が安定し続けることを予想できるため、銀行も信用してくれやすいです。

 

ですが、そもそも年収が低い、他社でも借り入れをおこなっている、もしくは過去に借り入れ歴があるともなれば、返済能力に乏しいと判断されてしまうかもしれません。

 

銀行系で低金利の借り入れを実現することは、そう簡単でもないのです。

 

その点、比較的審査に通りやすいのが消費者金融系です。上限金利が最大の18%に近いという特徴もあるものの、借り入れ自体実現できる可能性は高いです。

 

それこそ、フリーターという肩書きで月収10万円前後であったとしても、貸し付けてもらえるほどです。またそうした特徴を伴うことから、少額借り入れに対応している点も特徴的といえます。

 

銀行は10万円以上などの比較的高い最低額基準を定めているところも少なくありませんが、消費者金融なら1万円からなど、気軽な借り入れにも役立てられます。

 

金利が高くても何とか借り入れを実現したいか、それとも審査が厳しくても低金利で借り入れたいかといった観点で、消費者金融系か銀行系いずれかを選択するとよいでしょう。

 

同じ金融業者内でも金利に幅がある

業者それぞれにおいて、金利の上限が決められていると紹介しましたが、上限があるということは、もちろん下限も存在します。そしてこの金利は、結構幅があります。

 

例えばある消費者金融では3%〜18%、ある銀行系では3.5%〜12.475%といった具合です。金利は低ければ低いほど返済負担を抑えられるわけですから、できれば下限金利が利用できるに越したことがありません。

 

ですが、もちろんそのようにはいきません。

 

同じ業者内における金利幅の中でも、下限に近い率を利用するのであれば、ある程度まとまった額を借り入れる必要があります。

 

なぜなら、利用する限度額別に金利が決められているためです。逆に少額融資の場合は、上限に近い金利が適用されがちです。そのため、もし可能であれば比較的まとまった額の融資を検討してみてください。

 

収入や借り入れの状況に応じて利用できる限度額は変動するため、自分の意思のみで金利を抑えるといった方法は難しいですが、高評価を得られた場合は自由に決められます。この点、意識してみるとよいでしょう。

 

借り入れを考える上で、金利への着目はとても重要です。「利用残高×実質年率÷365×利用日数」の計算式をもちいて、申し込む前にあらかじめ計算しておけるとより安心です。

 

各業者のホームページなどでは、無料で計算できるページなどが用意されていることも少なくないので、そちらを利用するとスムーズです。

 

借金といえば響きが悪いですが、返済スケジュールをしっかり念頭に置いて利用すれば、借り入れはとても役立つ存在です。しっかり準備を整えた上で、慎重に検討してみるとよいでしょう。