借入

MENU

賢く借入するコツ

昭和の時代には、「借入」というとなんとなく暗くてマイナスのイメージもありましたが、最近では消費者金融でも低金利で気軽に借りる事が出来るプランなども充実しているので、老若男女を問わずに誰でも借りやすくなりましたよね。

 

巷に溢れかえっている金融商品だからこそ、上手に賢く借りて、自分の生活にプラスになるように活用したいものです。

 

 

【金利はできるだけ低金利を狙う】
借入の金額にもよりますが、融資の金額が増えれば増えるほど、金利による利息も高くなってしまいます。上手に賢く借りるなら、できるだけ低金利で借りられる金融機関を選ぶのがコツです。
一般的には審査が厳しい銀行の方が金利は低いので、まずは銀行からの借入を検討するのも良いでしょう。

 

【むやみに借りない】
誕生日や記念日など、何か大きなイベントの時には、キャッシングなど目的自由な借入を上手に活用して心に残る大切な思い出を作りたいものです。
しかし、毎月の食費をカバーするために借りたり、電気代を払うために借りたりしていたのでは、何に使ったのか覚えていないうちに借入額があっという間に膨らんでしまいます。
上手に賢く借入を利用するコツは、借りる機会を自分で限定する事がおススメです。

 

【借りすぎない】
2万円必要なのに、少し多めに4万円下ろした、なんて経験がある人も少なくないはず。自分の銀行口座から引き落とす場合なら、たりなくなった場合の事も考えて少し多めに引き出すのも理解できますが、キャッシングタイプの借入では、こうした「少し多め」がどんどん膨らんでしまいます。
できるだけ必要な金額にピッタリの額のみを借りるように心がけたいですね。