借入

MENU

クレジットカードでお金を借りる

クレジットカードといえば、買い物時に使用するカードというイメージが大きいかもしれません。ですが実は、現金の借り入れに役立てられるケースも存在します。

 

そのカードとは、キャッシング枠も設定されているクレジットカードです。キャッシングといえば消費者金融などにおける借入を指しますが、実はあれと同様に、クレジットカードでおこなえる場合もあるのです。

クレジットカード

 

キャッシング枠の有無は、カード会社や契約商品によって異なるため、契約時や、もしくは手持ちカードの問い合わせ先に確認してみてください。

 

クレジットカードのキャッシングとはいえ、キャッシングはキャッシングです。手軽に必要なときお金を借りれるとなれば、つい借りすぎてしまいがちかもしれません。

 

借金は便利な反面、さまざまなデメリット、リスクも伴います。注意点もしっかり把握して、安心安全に役立てるよう心がけてください。

 

クレジットカードによる借入の特徴

クレジットカードは、あくまでショッピングで使う用途がメインです。そのため、キャッシング機能は少しサブ的な位置づけとなっています。

 

その傾向が特によく表れている点として、枠の作られ方が挙げられます。クレジットカードとしての枠、現金借り入れ用の枠は、それぞれ『ショッピング枠』・『キャッシング枠』と振り分けられています。

 

そしてキャッシング枠は、ショッピング枠の一部として組み込まれています。そうした理由から、キャッシング枠はショッピング枠より小さいのが特徴的です。

 

多くのキャッシング枠は20〜30万円ほどとなっており、ショッピング枠がその分あいている場合に関して、現金借り入れの用途に使用できます。

 

そうした理由から、まず一つ注意したい部分として、ショッピング枠とのバランスを覚えておいてください。

 

ショッピング枠の一部を借り入れに使用するわけですから、そのクレジットカードでショッピングをしすぎていると、キャッシング用途には充分使用できなくなってしまいます。

 

例えば、50万円のショッピング枠と20万円のキャッシング枠があるクレジットカードであれば、ショッピングに0〜30万円使用しているのであれば、単純に考えて、借り入れは上限の20万円分利用できます。

 

ですがショッピングで40万円使っていれば、借り入れできるのは10万円分だけとなってしまいます。

 

また逆に、キャッシング重視で使いすぎて、いざ大きな買い物をする際にショッピング枠不足で買えないといったケースも起こり得ます。

 

このように、ショッピング枠とキャッシング枠、双方のバランスを考えながら借入すべきことを、まずは覚えておいてください。

 

ちなみに前述の使用例については、手数料等の発生は存在しないものとして紹介していますので、あしからず。

 

クレジットカードによるキャッシング方法

クレジットカードを使った借入とはいえ、基本的に一般的な消費者金融でのカードローンと変わりません。通常のキャッシングを利用したことがあるなら、抵抗なくすぐ利用できるでしょう。

 

とはいえ細かい仕様は各社で異なる場合もあるため、実際利用する際には念のため詳細も確認しておいてください。

 

クレジットカードを使ったキャッシング方法は、主に2種類存在します。

 

ATMやキャッシュディスペンサー

まず一つは、銀行キャッシュカード利用にも近い雰囲気で利用できる、ATMやキャッシュディスペンサーを使ったものです。

 

クレジットカード会社や発行している銀行直営のキャッシュディスペンサー、またはコンビニATMを使ってお金を借りる事が可能な場合もあります。必要なとき、手軽に借りれる便利な借り方といえるでしょう。

 

ただ、24時間営業が特長的なコンビニのATMとはいえ、借り入れに関してはクレジットカード会社の営業時間内となるのが一般的です。時間にとらわれずに借りられるわけでもないので、その点注意しましょう。

 

また、クレジットカード種類によって利用できるATMが微妙に違うケースもあります。なじみのコンビニや銀行ATMがあるからといって、かならずしもそこで借りれるとは限らないのです。

 

この点も、あらかじめ確認しておくべきです。その他、わずかながら手数料が伴うことも注意点の一つでしょう。

 

ネットキャッシング

そしてもう一つの方法が、ネットキャッシングです。

 

インターネット上から申し込むことで、速やかに指定口座へ入金してもらえる、ATM等以上ともいえる手軽さが魅力となっています。

 

こちらも、近年の消費者金融では広く取り入れられていますし、またネットバンキングにも近いので、多くの人がそこまで気構えすることなく利用できることでしょう。

 

注意点としては、振り込まれるタイミングが挙げられます。ATM等の場合は、基本営業時間に伴い借り入れできる形となっていますが、ネットキャッシングの場合、クレジットカード会社の営業時間に加え、銀行の振込み入金可能時間内でなければ受け取れないという特徴も伴います。

 

大抵の銀行は、15:00が入金できる時間となっているため、多くのカード会社では14:30〜14:50ぐらいを当日借入の最終時刻としているようです。

 

この時刻に関しては、カード会社それぞれでバラバラというのが全体の傾向として見られます。ATM等利用をおこなうとき以上に、利用前の詳細確認が欠かせないかもしれません。

ATMやキャッシュディスペンサー、そしてネットキャッシングと、いずれも人に会うことなく気軽にできてしまう簡単な方法です。ですが、簡単だからこそ気をつけたい部分もあります。

 

安易な借り入れのしすぎです。前述の通り、意図せずショッピング枠を狭めてしまうことにも繋がりますし、またそもそも、クレジットカードによるキャッシングとはいえ、それは借金と同じ存在です。

 

借金が膨らめば、生活を圧迫することにも繋がります。慎重に計画を立てた上で、検討するよう注意しましょう。

 

その他の注意点

上記以外にも、注意点は複数存在します。例えば、キャッシング枠の審査は、クレジット枠審査とまた別であるということです。

 

キャッシングについてはより厳しく見られるため、人によってはそもそもキャッシング機能を設定してもらえないかもしれません。

 

次に、金利手数料についてです。クレジットカードでの借り入れとはいえ、やはり一般的なキャッシングと同様に金利も発生します。

 

金利額もまた、一般的な消費者金融などと同様に上限18%で設定されており、上限いっぱいに近い利率が目立ちます。さらに、リボ返済のみならず、一括返済でもこれは発生します。

 

思わぬ出費に繋がるので、覚えておいてください。リボ返済に関しては、返済回数が増えることでその都度金利を払っていかなくてはなりません。より一層負担は増えるので、要注意です。

 

手軽な存在である反面、注意する面も多く見られるのがクレジットカードによるキャッシングです。詳細をしっかり理解しておきましょう。

 

まとめ

クレジットカードは、キャッシング枠を利用することで、ショッピング枠の一部を借り入れ用途に役立てることができます。

 

ですが、ショッピング枠が減ることや、ATM、キャッシュディスペンサーが限られていること、ネットキャッシングならカード会社ごとに入金時間がバラつくなど、注意すべき点も多いです。

 

またそもそも、手軽な存在であるだけに、安易な借りすぎを助長してしまう恐れも伴います。注意点についても念頭に置いた上で、安全に活用してみてください。