借入

MENU

専業主婦でも借りれる方法

借り入れをしたいと考える人には、さまざまなタイプが考えられます。

専業主婦

 

何かものを買いたい、生活費を手に入れたい、別の借金を返したい、生活レベルを向上させたいなど、あらゆる状況が見られるでしょう。

 

そしてそれは、収入を得て生活している人のみに留まらないかもしれません。何らかの理由で、被扶養者である専業主婦も、一時的なまとまった額を必要とするかもしれません。

 

とはいえ、借入れは一定収入がなければできないと考えるのが一般的です。

 

そんな中、専業主婦でもお金を借入する方法はあるのでしょうか。詳しくまとめました。

 

消費者金融はNG・銀行はOK

金融業界には、総量規制という法律が存在します。これは2010年の貸金業法改正に伴い施行されたもので、おおまかにいうと、年収の3分の1以上の金額を借りることができないという法律です。

 

これにより、従来問題視されていた、借り過ぎ・貸し過ぎといったケースを防止する効果に繋げられました。そしてこれは、専業主婦がお金を借りる上でも大きく関連しています。

 

そもそも年収のない専業主婦は、この決まりに伴い融資そのものが受けられなくなってしまったのです。専業主婦がわざわざ自らの名義で借金したいケースとなれば、家族に知られたくない状況が容易に想像できます。

 

そうした面も踏まえて、借り入れが困難になってしまったのです。もちろん、法にとらわれない経営をおこなっているヤミ金であれば、こうした制限にも関係なく借りる事は可能かもしれませんが、おすすめすることはできません。

 

では、専業主婦の場合は必ず借り入れする事ができないのかといえば、決してそうでもありません。上記の総量規制は、あくまで消費者金融に適用されている法律です。

 

中小系はもとより、テレビCMなどで大々的に宣伝しているような大手であっても、この徹底は揺るぎありません。なぜなら、無収入の人に貸し付けることは、回収不可の状態を招きやすいためです。

 

貸し付けは、あくまで返済能力を持つ人から利息収入が得られることを前提におこなわれます。そのため、リスクを冒してまで、専業主婦相手に貸し付けるようなことはしないのです。

 

しかし、借入できるサービス業者は消費者金融のみとも限りません。消費者金融と並ぶ有名な借り入れ先として、銀行もまたその一つに数えられます。

 

銀行ローンであれば総量規制の対象ではないため、専業主婦でもお金を借りることは十分可能です。銀行ローンには、まさに専業主婦向けともいわんばかりのメリットが多数期待できます。

 

あなたが専業主婦で、そして家族にバレないようこっそりとお金を借りたいと考えているのであれば、ぜひ銀行ローンを検討するべきです。

 

銀行ローンでお金を借りる際のポイント

まず、審査には落ちないよう気をつける事です。一度落ちてしまうと、申し込みを行い審査落とされたという事実が信用情報に残ってしまいます。

 

銀行ローンという貴重な借り入れ方法を実現できる可能性が一気に低くなってしまうので、条件に見合った申し込みができるかどうか、事前に見つめなおした上で検討してみてください。

 

ちなみに無収入の専業主婦でも借りられるとはいえ、配偶者に安定した収入があることは必須です。消費者金融同様、やはり返済能力は見られるので、まずはこの点十分かどうか、確認してください。

 

配偶者情報が必要ともなれば、心配なのはお金を借りようとしている事実を知られてしまうことでしょう。収入が実際に存在するのか、職場への在籍確認や、収入証明を求めるといった金融業者は少なくありません。

 

ですが、専業主婦向けの借り入れ枠を用意している銀行ローンであれば、こういった心配も基本的に必要ありません。ちゃんと内緒にした状態で、安全に借りることもできるので、それこそ専業主婦向けだと感じられることでしょう。

 

ただ、完全に内緒の状態で借りるなら、いくつかの点に注意しなくてはなりません。

インターネット申込み

例えば、申し込みの手段です。専業主婦申し込み可能な銀行ローンを見つけたら、店舗へ来店せず、インターネットからの申し込みをしてください。これにより、配偶者への審査や同意書提出を不要としてもらえるケースが多いです。

 

携帯番号

次に、申請する電話番号を個人のものにするということです。在籍確認がないとはいえ、ネットからの銀行ローンでも本人確認はされます。このとき、配偶者の携帯や自宅固定電話の番号を使ってしまうと、配偶者に申し込みの事実がバレてしまうかもしれません。自分専用の携帯電話番号でかならず申し込んでください。

 

利用明細

そして最後に、利用明細の送付有無です。配偶者に内緒で借りる際、特にバレるきっかけとなりやすいので要注意です。利用明細は、自宅送付のほか、ネット上ですべて管理できるネット明細を選択できるケースも増えています。

 

こちらなら、IDとパスワードを使って自分だけの秘密にしておけるので、バレに繋がる心配も軽減できます。

総量規制対象外銀行ローンへのインターネット申し込み、自分の携帯電話番号で申し込む、ネット明細を利用する。この3点を意識して、専業主婦が秘密で借り入れるに適した融資を実現してみてください。

 

専業主婦が銀行ローンで借りるメリット

まず外せないのが、消費者金融では不可である専業主婦による借り入れも可能ということでしょう。それだけに、審査落ちは是が非でも避けたいところです。

 

次に、借り入れをしてまでお金を手に入れる状況としては、かなり急を要していることも考えられます。その点、銀行ローンによる借入れは、審査・融資が迅速であり、最短でその日中に借り入れられる場合もあります。

 

ネットを通して申し込むわけですから、それこそ家に居ながらにして振り込んでもらえる、といった流れも期待できます。また銀行ローンは、消費者金融に比べて金利が低めであることも特長的です。同じ額の借り入れでも、金利のわずかな違いで損得が発生してしまいます。

 

消費者金融が法的上限いっぱいの18%近い利率も取り入れているのに対し、銀行ローンなら、13%前後を上限とする金利幅も少なくありません。良心的な設定なので、効率的な借り入れの実現に繋げられます。

 

銀行系カードローンと消費者金融系を比較する際、挙げられがちなポイントとして、審査の厳しさが代表的です。低金利で安心感があり、また高額融資にも対応してもらいやすい銀行系は、審査が通りにくいことで知られています。

 

ですが、配偶者の安定的な収入さえあれば、専業主婦は比較的通りやすいです。またどうしても不安なら、銀行が展開している金融特化サービスを利用してもよいでしょう。

 

消費者金融のようなスタンスでCMなどを展開しているところでも、実は銀行系といったケースも少なくありません。この場合、消費者金融のような審査の通りやすさであるにもかかわらず、総量規制対象外となっているので、より確実な借り入れ先として重宝します。

 

まとめ

収入のない専業主婦の場合、総量規制に伴い、基本はお金を借り事ができません。ですが規制対象外の銀行ローンであれば、借りることが可能となります。

 

配偶者や家族には内緒で借りられ、さらに低金利、安心感があるといったメリットも期待できるので、嬉しい存在となってくれることでしょう。

 

とはいえ、銀行ローンとはいえ借金は借金です。無計画な借り過ぎは、人生を破綻させる原因ともなってしまうため、安易な判断は禁物です。それこそ、夫婦生活すら脅かしてしまうかもしれません。

 

注意点をしっかり把握し、また必要以上に借りすぎないよう気をつけて、安全に役立てることをおすすめします。