借入

MENU

借入の審査

金融機関から借入する時には、最初に「審査」が行なわれます。

 

審査とは、自分が融資を希望する金額に対しての返済能力があるかどうかが判断される借入プロセスの一つで、審査もなく融資をしてくれる金融機関はかなりブラックである可能性が高いので、避けたほうがよいかもしれません。

 

借入の審査では、自分の返済能力が判断されますが、判断基準は金融機関ごとに異なります。

 

一般的に銀行からの借入は審査が厳しく、消費者金融は審査が比較的緩いと言われていますが、金融機関ごとに独自の審査基準を持っているので、A社の審査に通らなかった場合でもB社の審査には通ったという事も少なくありません。

 

1社の審査にダメでも気を落とさずに、別の金融機関もトライしてみると良いでしょう。

 

金融機関が共有しているブラックリストに名前が載っている場合には、どの金融機関でも借入は難しい場合が多いようですし、借り入れが認められても金利が高かったりして不利になる事も多いようです。

 

同じ都道府県に住んでいる同姓同名の人がブラックリストに載っていると、それが原因で自分と勘違いされて審査に通らないということもよくあるので、審査に通らない原因が理解できない場合には、金融機関に問い合わせてみるのも良いかもしれませんね。

 

金融機関の審査基準で一般的なのは、「正社員」として「2年以上」「同じ職場で仕事をしているか」というライン。安定した収入があってもパートやアルバイトなどでは審査が厳しいですし、転職したばかりの人は審査に通るのも厳しいようですね。