借入

MENU

借入の使用目的

気軽に借入が出来るニッポンでは、国も企業も、そして個人も気軽にあちこちから借入が出来るようなシステムが充実しています。銀行や消費者金融などから借入をしている個人もセレブや実業家だけではなく、数万円という小口融資を借りている個人もたくさんいます。

 

借入の使用目的は人それぞれ。教育ローンでカバーされない子供の教育費を借り入れる人も入れば、友人から自動車を購入する際の費用として借入をする人も少なくありません。

 

金融機関からラインナップされている金融商品の中には、「住宅ローン」「自動車ローン」などのように、最初から決められている目的以外には使用できなくなっている借入もありますが、キャッシングなどのように、いつでもどこでも必要な時に必要な金額をATMで引き落とせるようなフリースタイルの融資の場合には、どんな目的で使用しても問題なしとなっている事が多いようですね。

 

統計を見てみると、最近では金融機関から借入をする人の多くが、生活費の不足分を借り入れによってカバーしているようです。

 

確かに経済が低迷していて給料が下がったり、ボーナスがなくなってしまったりして、それまで当てにしていた収入が入ってこなくなれば、どこかにしわ寄せがきてしまうもの。毎月の生活費を借入金でカバーする人は少なくても、子供の塾や冠婚葬祭が続くとあっというまに家計がマイナスになってしまう家庭も増えているようです。

 

どんな目的でもニーズに応じて借りる事が出来る借入はとても便利ですが、返済能力を超えない程度に計画的に借りるようにしましょう。