借入

MENU

担保があると借入しやすい?

銀行や消費者金融などから借入をする場合には、少額の場合にはまず担保を求められる事はありません。しかし、その代わり、金融機関側のリスクを減らすために、適用される金利は割と高めに設定されている事が多いようです。

 

一方、住宅ローンや自動車ローンなど、低金利で借入れる事ができる場合には、マイホームや自動車などを担保に入れる事によって金利を低くしている事になります。

 

不動産などを購入する場合には、どんなに金利が低いと行っても借入れる金額がもともと高いので、トータルで支払う利息の金額も高くなるわけですが、それでも借入金額によっては金利が1%下がるだけで何十万円も変わってくることも少なくありません。

 

「たかが1%、されど1%」、担保に入れて低金利で借りる事が出来るなら、そちらの方がお得に借りる事ができますよね

 

マイホームを持っている人の多くは、銀行から住宅ローンを借入れていますよね。キャッシングなど小口融資を借入れる場合にも、その銀行で住宅ローンを組んでいたりする場合には、その住宅を担保に入れる事によって、本来なら担保や保証人などが必要ない小口融資でも低金利で借りる事が出来たりします。

 

自分が普段メインバンクとして利用している銀行よりも少し金利が低く設定されている銀行から借入れるよりも、普段から利用している銀行から借りたほうが、金利面でも優遇してもらえて金利が下がる事もありますし、新たに銀行口座を開設したりする手間なども省けたりする事も少なくありません。

 

借入前には必ず複数の金融機関を比較検討しながら、最も利便性の高いところから借りるようにしてくださいね。