借入

MENU

会社にばれない?

借金をしているという事実は他人からの評価にも関わるため、できれば知られたくないというものです。

 

どんなに良い人そうに見えたとしても、その人が借金にまみれていると知れば皆さんも評価を改めるものではないでしょうか。

 

対人関係のみにおいてならばまだ良いかもしれませんが、借金をしていることがもしも会社や職場の人にバレてしまったら、人事的な評価に影響を与える可能性もあります。

 

また仕事がしにくい環境になってしまう可能性もあるため、できればバレないように融資を受けたいと思うのは人情です。

 

電話確認、在籍確認はなぜ必要か?

キャッシングサービスはまず利用申請から始まり、必要書類の提出〜審査〜契約〜実際にサービスを利用する、といった手順を踏んでいく必要があります。

 

在籍確認はこの中の審査の過程で行われることになり、自分が働いている職場に電話がかかってくることになります。

 

そもそも審査はなぜ必要かと言えば、サービス利用者に返済能力があるかどうかを融資する銀行や消費者金融業者側が判断するため、という理由があります。

 

キャッシングは誰にでも無制限に貸し付けて良いというものではなく、その実態は法律によってがんじがらめにされており、返済能力が無い人に対して貸し付けることが禁止されているため、利用前には必ず審査という過程を踏む必要があるのです。

 

また、もしも貸し倒れてしまったり返済遅延が発生してしまったりといった金融事故が発生してしまうと、融資した銀行や消費者金融業者側が損をしてしまうため、リスクを軽減させるためにも審査が行われることになります。

 

さて、それではなぜ電話確認、在籍確認が必要とされるのでしょうか。それは、利用者の中には申請時に虚偽の申告をする人もいるからです。

 

つまり実際には働いていないものの、キャッシングサービスを利用したいがために「○○会社で働いている」と嘘をつくケースが考えられるからで、提出された書類の真偽を確かめるために行われることになるのです。

 

収入証明書類は不要としているキャッシングサービスもありますが、その代わりに在籍確認をしっかりと行うといったように、一応の保険をかけておくのが銀行や消費者金融業者のやり方となります。

 

もしも嘘をついていればこの段階でサービスの利用を断られることになりますので、サービスを利用したいのであれば虚偽申告はしないように注意しなければなりません。

 

在籍確認では何が聞かれるか

キャッシングサービスを利用するにあたり、いくら必要だからと言っても、やはり職場に直接電話がかかってくるのは嫌なものです。

 

もしも借金をしていることが職場の人にバレてしまったら人事的な評価に関わる可能性もありますし、それ以上に同僚達の間で噂されてしまうかもしれず、仕事がしにくい環境ができあがってしまう可能性もあるからです。

 

こういった事情からできれば穏便に在籍確認を済ませたいところですが、それでは電話にてどのようなことを聞かれることになるのでしょうか。

 

在籍確認では基本的に込み入った話をすることはありません。自分が電話に出られればそれで確認は取れるため、すぐに電話は切られてしまうことになります。

 

実際に行われる電話では「○○と申しますが、○○(利用者の名前)さんはいらっしゃいますか?」といった程度の会話のみが行われることになります。

 

もしも電話を本人が受け取らなかった場合でも、電話を対応してくれた会社の同僚に対して外出中か休日なのか、それとも休職しているのかの確認をしなければなりません。

 

なので、「営業で外に出ていらっしゃいますか?」などといった質問がなされることになり、はいという返事がされればそれだけで必要な情報は引き出せたことになりますのでお礼を述べて電話が切られることになります。

 

ここで注目したいのは、決して消費者金融業者の名前やサービス自体の名前が述べられるわけではないという点です。

 

業者側も利用者のことを考えて、サービス名が述べられることは決してありませんので安心です。

 

銀行系のキャッシングサービスならば銀行名を述べることがありますが、それだけではキャッシングサービスを利用しているかどうかの特定要素とはなり得ませんので、こちらのケースは問題ありません。

 

銀行からの電話ならば、他のローンのことで相談しなければならない、預貯金についての連絡をしなければならないなど、多数のケースが考えられます。

 

在籍確認無しのキャッシングはないの?

基本的にはどのキャッシングサービスも在籍確認が行われると考えておいた方が無難ですが、しかしながら近年では利用額によっては在籍確認を必要としないサービスも登場してきています。

 

在籍確認が無い代わりに必要となるのは、収入証明書類で、源泉徴収票や役所にて発行してもらえる所得証明書、健康保険証(社保)や直近2ヶ月分の給与明細を提示するだけで在籍確認を回避できるサービスもあります。

 

ただし、大口の利用となると話は別で、どのサービスも在籍確認が必須条件となりますので注意が必要です。

 

目安としては利用額が50万円以下の少額の融資であれば在籍確認が不要となることもありますが、それ以上の金額となると必要となりますので、ボーダーラインを知っておくと良いでしょう。

 

また、消費者金融業者や銀行の窓口にて相談をしてみるのもお勧めです。場合によっては上記のような書類を提出することで在籍確認を回避できることもあります。

 

それでも、銀行系のキャッシングの場合には審査内容も厳しくなると予想することができ、つまり銀行系サービスを利用するのであれば確認される可能性が高いと考えておいた方が良いでしょう。

 

嘘をつくとリスクが高まる

どうしても在籍確認を逃れたいという場合には様々な手段を用いて審査に臨むことと思われますが、たいていの場合はバレてしまいますので無意味です。

 

銀行や消費者金融業者もプロですので、疑わしい人物かどうかを見極めるノウハウは持っているのです。巧妙に嘘をつく方法として考えられるのが、偽装会社を利用するという方法です。

 

偽装会社とは健全な会社に勤めていることを装ってくれる会社のことを指します。

 

主なサービス内容としては給料明細や源泉徴収票などの書類を発行することや、電話での対応をしてくれる、郵便物の転送や保証人の紹介などがあり、偽装会社のサービスを利用すれば審査も通過できそうにも感じられます。

 

要するに偽装会社から発行してもらった源泉徴収票を提出して電話対応もしてもらえれば良いわけですから、これならば在籍確認にも通過できそうという話ですが、しかしながらこの方法は最悪のケースだと詐欺罪で訴えられてしまう可能性がありますので決して行ってはなりません。

 

実は現実に逮捕された事件も発生していて、偽装会社のサービスを用いて収入や在籍確認を通過した人が住宅ローンにておよそ5000万円を融資してもらい、これがバレてしまった結果、警察に目を付けられてしまい逮捕されるという事件になりました。

 

結局この事件で嘘をついた人は詐欺罪となり、懲役2年、執行猶予5年の判決が下されることになりました。

 

このように虚偽の申告は刑事事件になる可能性があり、また最悪のケースだと消費者金融業者や銀行から損害賠償請求をされてしまう可能性もありますので絶対にやらないようにしてください。

 

在籍確認はキャッシングサービスを利用する上で必要不可欠、不可避のものと考えておいた方が良いかもしれませんね。