借入

MENU

借入残高をスピーディに減らすコツ

借入金額がすくない場合には、返済期間も数年間ぐらいで短期に設定されることが多いと思います。

 

しかし、住宅ローンなどのように借り入れ金額が多くなれば、それを短期や中期で完済する事は難しいため、どうしても返済期間が20年とか30年などのように長期計画になってしまいます。

 

銀行から借りた場合でも消費者金融を利用した場合でも、借入の金額が高くなればトータルで支払う利息も当然上がりますし、返済期間が長くなってもトータルの利息は高くなります。しかし、借りる時に計画したよりも、支払う利息を減らす方法や、完済予定の期日よりもずっと早くに完済できる方法がある事はご存知ですか?

 

それが、決められている返済額よりも少しずつ多めに返済するという方法です。1,000円でも2,000円でも良いのです。

 

少しずつ頻繁に返済をしていけば、それだけ元金がスムーズに減っていきます。元金が減れば、当然、そこにかかる利息も安く抑える事が出来るので、完済までに支払う利息のトータルも低く抑える事が出来ますし、計画よりも早く完済する事も十分に可能なのです。

 

利息の計算の方法も金融機関によって少しずつ異なりますが、多くの場合には1日単位でかかる利息が計算されています。そのため、1ヶ月まるまる待って少し多めに返済するよりも、頻繁にこまごまとした少額でもできるだけ早くに返済していく方法がおススメです。

 

最近では、借入の返済方法にもいろいろな方法があります。ネットでもATMでも、お財布に少し多く入っているなと感じたら、その分を早めに返済すれば、完済までの道のりもぐんと縮まるはずです。